妊婦さんの便秘の雑学

MENU

妊婦さんの便秘の雑学〜原因・問題点・解消方法〜

妊婦さんの腸の中には2つのタイプの便秘原因がある

あまりにも出てこないので、一体どうしてしまったんだろうと不安に思う人も多いと思います。

 

直腸性便秘

これは赤ちゃんが大きくなる過程でママの大腸を背中側に圧迫してしまい、便が出しにくくなることによって起きます。

 

弛緩性便秘

妊娠するとその妊娠を継続させるために、プロゲステロンというホルモンが分泌されます。

 

そのホルモンが胃や腸の筋肉を弛緩(緩ませる)させる働きがあって、その影響によってぜん動運動(便を押し出す動き)が鈍ることが原因で弛緩性便秘になってしまいます。

 

こういった問題は妊婦さんであれば誰しもなる可能性があることです。

 

次からは、さらにこの問題を克服するにはどうしたらいいのかについてお話していきます。

便が出る出ないにかかわらず毎朝便座に座る

排便というのは、このように習慣もとても大切で、朝のタイミングに排便をするというアクセントの意味でも冷たい水を飲むと効果的。

 

※硬水のほうがより排便を促す効果が高いのでおすすめなのと、牛乳でお腹を下さない方なら牛乳でも良いです。

食事の見直しも大切

つわりがある場合は無理は禁物ですが、できる範囲で妊娠中でも食べ物に気を使うことが便秘解消のポイントです。

 

そこでおすすめの食材が『バナナ』です。

 

バナナは低カロリーなのに栄養豊富で、便秘解消の鍵になる食物繊維やオリゴ糖、ビタミンB2群、ビタミンB6、マグネシウムなどの腸内環境を整える栄養素がたっぷり入っています。

 

バナナ1本あたり86キロカロリーで太りにくく、コスパも安くて安心です。

劇的な効果も期待できるのが運動

これもまた妊娠中なので自分の体と相談しながら試してほしいのですが、毎日の軽いウォーキング/30分ぐらいでも大きな効果を感じている方は多いです。

 

お腹の赤ちゃんやママにとっても、毎日の適度な運動というのはとても良いことがたくさんです。

 

できる範囲で続けてみてください。

 

いかがでしょうか?腸の働きを良くするための方法をいろいろとお伝えしてきました。

 

できれば、すべて実践してもらえるのが理想です。

 

どうしてかというと、1つの方法だけだと1つの事にしかアプローチできないため、効果が薄れてしまうからです。

 

ではいよいよこの次は、実際に根本原因を克服して体質改善をする方法についてお話していきましょう。

腸内環境を善玉菌優位にしなくてはいけない理由とは!?

腸の働きを最大限に発揮させるために必要な事は腸内環境を善玉菌優位にすることです。

 

赤ちゃんのときには腸内は99%以上が善玉菌で満たされているのに、私たち大人はわずか10%ほどしか善玉菌が残っていません。

 

日本人の食生活が欧米化によって肉食や脂物中心の生活になっていることも要因のひとつと言われています。

 

腸内の善玉菌が優位になることで、便秘がスッキリ解消されるというのはよく耳にする話です。

 

そして、妊婦さんたちの中でも口コミで話題になるほどに有名なのが『カイテキオリゴ』です。

 

しかも、カイテキオリゴは妊娠中でも使えて、日本一選ばれているオリゴ糖なので安心して試してみることができます。

 

私のおすすめとしては、利用したことがあってしかも効果を実感しているカイテキオリゴですが、比較対象もあった方が良いと思い、スーパーやドラッグストアで1番知名度の高い『オリゴのおかげ』も取り上げてみました。

 

それでは、この次のページからスーパーなどでもよく見かける『オリゴのおかげ』についてのお話をしていきます。

 

             妊婦,便秘,雑学,原因,問題点,解消方法 オリゴのおかげはスーパーなどでもお馴染みのオリゴ糖〜その実力は…